最愛の母

0

    こんにちは!

     

    今日の更新、打つ指がとても重たいです。でもお伝えしなければいけない

    時がきました。

    私の母が今月入った4月4日他界しました。95歳でした。来月5月で

    96歳の誕生日を迎えるはずでしたが。。。

    ブログにはあえて母の入院生活は記事にしなかったんです。と言うのは

    母は元気でしたのですぐに良くなり退院していつもの生活に戻ると思って

    いましたのであまり心配の記事を書いちゃうといけないと思って〜

    1月にわが家で楽しいお正月を母と迎えたことが最後になるとは思いも

    しなかった。ブログ記事にも母の元気な姿をアップしたのがまだこの間

    みたいに思う。でもそれからすぐ呼吸がしんどいと言って入院したんです。

    それからというもの、あんな元気な母が認知にいよいよなったのかな?と

    思ったくらいおかしく言うようになってひどくなってきたら私の事も忘れ

    ちゃうのかな?と思った。でも母を訪ねるたびに病状が良くなってきて

    奇跡を起こしたんです。以前の母に戻り病室に行っても色々お話してできる

    ようになったのに・・・・それも続かなかったです。

    亡くなる前日まで私は母と喋りそして好きなお菓子を口に入れてあげ

    帰る時は必ずバイバイ!と手を振ってくれる母。いつもよりその日は

    とってもにっこりと笑ってくれた母。それが私の見た最後の母になるとは。

    95歳まで元気な母。病気一つしなかった母。いつも私の事心配してくれた

    母。もうちょっと頑張って生きてほしかったけど母もこれ以上病院生活しても

    辛かっただろうなあ〜と思ったらお空へ逝ってしまったけど今頃は母も楽に

    なったかなあ〜と思うと私はなぜかあんなに母想いだったつもりだったのに

    見送りの時は涙も出なかった。

    母はとても花々が好きな人でした。亡くなった日は桜が満開!!

    私は遺影を持って車の外から見る両側の桜並木を見て母はやっぱり温かな

    人柄だったのね。

     

    母に最期の言葉「ありがとう!」

     

    今年お正月にわが家で過ごした母の姿です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    いのちゃん。

    ・・・、そうだったんですね。
    お母さん、きっといのちゃんに
    笑顔を覚えていて欲しかったんですね。

    95才は大往生かもしれないけど、
    見送る家族には、寂しいものです。

    いっぱい泣いて、いっぱい思い出して
    ・・・あれ、何故か私までお鼻がジ〜ン。。。

    いのちゃん、小太郎君とまたお散歩に出て
    ここでお話しできるの待ってます。

    いのちゃんのお母さん、
    いのちゃんをここに連れて来てくれてありがとう。
    合掌

    いのちゃん
    辛かったね。幾つに成られていても、お別れは辛いですね。何とお慰めをしたらいいのか言葉が見つかり
    ません。暫くブログが更新されていなかったので、心配していましたが、まさかそんな悲しい辛いめに
    会われていたなんて・・・・・
    悲しみは、日に日に増してくるので、いのちゃんの事が心配です。時々我を忘れてしまう事が有るから
    気を付けて下さいね。
    もっとちゃんとした慰めの言葉を掛けられなくて
    ごめんなさいね。
    • みえちゃん
    • 2017/04/09 2:31 PM
    いのちゃんへ
    更新の無いブログに・・・胸騒ぎ・・・
    悲しいお別れがあったのですね。
    お正月のブログ 反射神経のいいお母様の動きや食欲から、こんなに早くお別れの時が来るとは思ってもみませんでした。
    いのちゃんの気持ちを思うと・・・私も悲しくて言葉が浮かんできません。

    お亡くなりになる前日まで お話が出来たこと
    こんないい季節に旅立たれたこと
    お母様からの最後の心遣いなのかもしれません。

    香川から いのちゃんのこと思っています。
    いろんな疲れが 落ち着いた頃に出てきます。
    どうか身体に気をつけてくださいね。

    お母様のご冥福をお祈りいたします。
    • とも*友
    • 2017/04/09 4:15 PM
    いのちゃんへ
    久々ブログを開いてみたら、びっくりです。
    まだまだお元気なお母様だったのに〜。
    お悔やみ申し上げます。

    これからもきっといのちゃんの後ろで見守ってくれてますよ。
    最期の言葉、ありがとう!と言ってくれたお母さん。
    素晴らしいお母様でしたね。

    お疲れでませんように・・・・
    • カンコ
    • 2017/04/10 6:51 AM
    ペンちゃんへ

    温かなコメント有難うございます。
    いつかは親との別れがやってくる・・・と思っていましたがさてその時がくると実感がなくまだ居てくれているような気になりますが日が経つにつれ母との一緒に居た頃が懐かしく感じられる事が多くなってくるのかな〜そう思うと寂しいですね。
    母はいつも私の健康を心配してくれていました。やっぱり私が一人身と言うことだけで心配だったと思います。でも普段は好きな事に夢中でおりましたので母は少し安心していたかも。。。
    私、母があの世で心配してくれないように元気で頑張らなきゃ〜と思います。
    ペンちゃん、ブログ通じてこれからも私の事お付き合いお願いしますね。(*^_^*)
    みえちゃんへ

    みえちゃんのお言葉、とっても励みになります。温かなコメント有難うございます。
    みえちゃんも悲しいお別れしているものね、そんな時の気持ちってほんとどう言ったらよいのか分かりません。でも私の母は入院生活をしたものの一度奇跡を起こし元気になってくれて記事に書いたように亡くなる前日まで私は母と喋ったので悔いはありません。
    あの母の笑顔。。。とっても良かった!

    私、母に心配かけないように元気に過ごしていきます。みえちゃん、これからも私と色々お話させてくださいね!(*^_^*)
    とも*友さんへ

    ともさん、いつも心配かけて申し訳ないです。
    そして温かいコメント入れてくださって有難うございます。
    そうですね〜あのお正月の母の元気な姿を記事にしたらみんなからなんとお元気なお母さん〜と言ってくださったのがつい最近なのでひょっとしたら入院しても元気になって家に戻れるかなあ?と少しは期待も持っていました。ともさんのお母様のように又デイサービスへ行って好きな折り紙を作れるかなあと思っていました。母は一度奇跡を起こし私と又いつものように色々病院のベッドの上でしたが喋れるようになったので嬉しかった!ほんと亡くなる前日までその状態でしたので母はほんに心が強かったんですね。
    ホンワカな母、優しかった母、今は色々な母の事思い出しますが私も母のように元気もらって過ごさないと。。。至って健康にはうるさかったのであの世で母が心配してくないように頑張りますね。
    これからもともさん、私のこと宜しくお願いします。(*^_^*)
    カンコさんへ

    温かいコメント入れてくださって有難うございます。
    ゴンスケ君の事も気になっていたのですが訪ねにも行けず申し訳ないです。
    ブログの記事に時々母の事載せていますようにほんと元気一筋な母でしたので入院してもまた元気取り戻して退院してくれるやろと簡単に思っていたのですがとうとう別れの時がやってくるなんて思わなかった。
    でも入院生活でも母と色々お話できたことが私の一番の救いだったです。病院に居てても私のこと心配してくれていた母でした。車には気をつけて!とか沢山食べや!とか。。。あの世でもきっと思ってくれているかな? 
    健康に気をつけて頑張ります。
    カンコさん、これからも宜しくお願いしますね。(*^_^*)
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    profilephoto
    大阪存在のいのちゃんです。
    柴犬の小太郎と住んでいます。
    好きな事と言えば、踊って体操することかな(^^♪

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    にほんブログ村

    犬ブログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    ハロー!でつながるweb広場

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM